hanamama手帖

stitchnote.exblog.jp
ブログトップ

カラダのこと

みなさま、お元気ですか?

小学校六年生のとき
椎間板ヘルニアになり、
約一ヶ月寝たきりでした。

そのせいなのか、腰が弱いです。
筋力がないです。

身長は、170cm(二年前1cm伸びた!)
体重は、うんkg
いつも標準体重をやや(?いや、かなり)
上回るところで推移してきました。

バレエをやっているときも
およそバレリーナとは
かけ離れた体型のまま~_~;
脚に負担をかけ続けたことになります。

二年半くらい前から、右脚股関節に
鈍痛を感じるようになりました。
ちょうど同じ時期に、顎関節症で
口があかなくなりました。

顎関節症はマウスピースを使って
安定させる治療を受け、
普通に日常生活を送れる
ようになりました。

股関節の痛みは、鈍痛から
だんだん強さを増し、
今年の春には
『もしかして、歩けなくなるかも』
と恐怖を感じるような痛みに
なっていました。

そこで、手術とかではなく
筋トレやリハビリで治すことが
できないか考えるようになり

8月後半から【スポーツ外来】
に通うことになりました。

外科の先生の診断は
《股関節機能不全》でした。

お薬のように処方箋が出て、
リハビリを受けられます。
若い理学療法士さんが付きっ切りで
みてくださいます。
正しいカラダの動きや、使い方を
教えていただき、マッサージなど
もしてくださいます。

約三カ月間、2〜3週間に一度通って
『歩けなくなるかも』の鋭い痛みは
ウソのように消えました。

自分の中では、
そんなに大きな変化はないのに
確かに痛みは消えています。

まだまだ、左右の筋力の差は大きく
このまま行けばまた、弱い部分に
負担がかかり、痛みとして出てくるそう。

刺繍をする時の姿勢も
正すように指導を受けました。
以前はだいたい椅子に座って
猫背で、左脚に右脚を組んで
長時間過ごしていました。

今は、骨盤を立て、左右対照に
なるように気をつけて座っています。
すると、不思議なことに
肩凝りも減ってきたように
思います。


毎日、ストレッチと筋トレを続けて
このカラダと
これからも仲良く
付き合って行きたいと思います。








[PR]
by hanamama-note | 2014-11-17 22:17 | 暮らし