hanamama手帖

stitchnote.exblog.jp
ブログトップ

ねこ

あれから外猫達は上手に住み分けしながら
健やかに暮らしています。

南側土間の前にはキョロ

d0253047_23414822.jpgd0253047_23413392.jpg

















日向でご飯を食べ、少し残して
身体をキレイにして帰ります。
残ったご飯をゆっくり食べにやってきます。

真っ白の手袋と靴下をはめたみたいで
ぶっとい肢が本当に可愛い♡





北側玄関の前にはエミー

d0253047_23442315.jpgd0253047_23441028.jpg

















エミーもここに登場した時よりは
ずいぶん落ち着いて
穏やかな表情をしています。
ちゃんと食事をしているせいか毛並みも良くなってきました。


誰かに飼われていて・・・
しかもすごく可愛がられていたのに

捨てられてしまったのでしょうか?


猫好きでいろんな猫と出会っている友人からは
『野良は触れない』と聞きました。

私がしゃがめば膝に登ってきます。

帰ってくれば、必ずお出迎え
玄関を開ければ、必ずお出迎え

最初に会った時は
食べ物にも、愛情にも飢えていました。
とても切羽詰まっていました。


ポンも、キョロも快適に暮らせているのであれば
エミーも受け入れようかと
前向きな気持ちになると
本当に人懐こく、かわいいお顔の猫だと
思うのでした。


ニャーニャー
ワンワン

これだけで、気持ちを伝えられて
生きていけるなんてすごいな。

命を預かる責任を感じつつ
ご飯をあげる毎日です。
[PR]
by hanamama-note | 2013-10-19 23:58 | 子ども