hanamama手帖

stitchnote.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フラメンコ( 4 )

個人レッスン

フラメンコ教室で今ならっている『ティエント』も佳境です。

曲は約10分。
前奏は約2分。

一週間に一度、一時間の稽古で進むのは30秒で多い方。
前回までの稽古で振り付けた部分を復習しながら進めていきます。

踊りは約8分。
いよいよ最後が見えてきました。

でも、この教室に通えるのも3月末まで。
3月末のスケジュールは私一人では決められないので、
あと4回行けるかどうか。

先生から『記録に残しておかないと、無駄になってしまう』と言われ
個人レッスンを受けながら、一曲記録しました。


先生に出会って、
今まで私がやってきたものは何だった?
と落ち込みました。

先生いわく、私が主人の転勤に伴い、いろいろな教室を転々としていること、
また20年以上のバレエの経験があることが、長所であり、短所とのこと。

私もこの教室に通ってみて、うすうす感ずいていましたが・・・・
そんなにはっきり。えーんえーん。

今まではバレエの延長でフラメンコに取り組んでいたようなところがありました。

他のヒトより憶えが少しだけ早いこと
他のヒトより身体がやわらかいこと
他のヒトより音楽を表現することに慣れていること

初めての教室に飛び込んでも、
何となくそういうことで自分に自信を持っていられたのです。

でも、今の教室に通ってみてその自信はゼロになってしまいました。

他のヒトはフラメンコを踊っています。
私は・・・?


バレエと身体の使い方、重心の置き方が全く違うこと
バレエ音楽のような美しいクラシックではなく、
虐げられてきた人々が、踊り、歌う音楽を理解していないと
言われました。

この歌声に合わせたら、そのような踊り方は出来ないはずだと。




これから、私はフラメンコにどんなふうに取り組んで行こうか
考え込んでいるところです。
あ”~~~~。
[PR]
by hanamama-note | 2012-02-22 14:32 | フラメンコ

踊り初め

日曜日の夜はフラメンコ

いつもなら早くこの日が来ないかと
心待ちにしているのですが・・・

何しろ・・・年末年始の実家で過ごした
10日間で3キロも増えてしまいました。

息子が卒乳してから6キロ増え
プラス3キロなんて・・・
その上、漬物の食べすぎでむくんでしまい
人生マックスで踊りに行ったのです。

フラメンコの先生はスペインへの研修から帰り
ますます輝いていました。
スペインは景気がとても悪化しているそう、
明るい国民性でカバーしている感じだったと。

先生が泊ったホテルでは寒い冬もシャワーは水。
毎日3~4時間稽古して、シャワーを浴びないわけにもいかず
凍えながら、水浴びしていたそうです。
石造りの建物に、暖房なし。
何故?

夜中の12時ころからタブラオに集まって
5時まで踊りまくっていたそう。
スペインで日本人はモテモテだそうです。
厳しい稽古をして、発散もして、充実した研修だったそうです。

そうやって、努力している先生に付けて
本当に良かったなぁ。

3月までしかそこの教室には通えないけれど
今取り組んでいる『ティエント』は仕上がりそうだし。

私もむくんでいる場合ではない!
がんばるぞー。
[PR]
by hanamama-note | 2012-01-10 14:15 | フラメンコ

ティエント

日曜日の夜、フラメンコに通っています。
夕飯の片づけをして、子どもたちをお風呂に入れて
いつでも寝られるようにしてから、出かけます。

旦那さんも、本人も『よっぽど好きなんだね』と言っています。

クルシージョで習った『タンゴ』と同時進行で
『ティエント』という曲を習っています。

今回は『ティエント』のレッスンでした。

曲の前奏で立ち位置まで歩いていきますが、
カッコよく歩けません。
先生に「硬いーーー」と叫ばれますが・・・直せません(@_@。
それに、『タンゴ』の振りが頭を占領していて、
『ティエント』に切り替わりません。

楽しい半面、悲しい気持ちと、悔しい気持ち・・・
でも、やっぱり踊りたい。
[PR]
by hanamama-note | 2011-08-29 22:41 | フラメンコ

クルシージョ

フラメンコ教室で短期集中レッスンがありました。
講師はマリア・テレサ・アントゥーネス・ロハノ先生です。

曲目はタンゴ。
スペイン語は1~10までの数字と、脚の部分を現す言葉以外は
全くわかりませんが、今回の歌詞は「アモーレアモーレ」を連呼する、
大変情熱的な内容であることは間違いないようでした。

この教室に通い始めてからまだ日の浅い私は
「クルシージョ」と聞いて、ちんぷんかんぷん。
「苦しい」をまず連想したのでした。

マリア先生は、フラメンコの動きが自然と身体から
流れ出るようでした。
脚を踏みならし、激しいリズムを刻むような動きも
腰や上半身には全く負担になっていないような
なめらかな動きでした。

振り付けはリズムの取り方が多様で
憶えることができません。
つながりさえクリアすればその間の振りは
何とか出来るのに、つながりの部分で
つまづいて、そのまま遅れてしまいます。

課題はこれからのレッスンで消化して。

10年ほど経験のあるフラメンコですが、
本当に貴重な体験でした。
[PR]
by hanamama-note | 2011-08-18 15:09 | フラメンコ